定本琉球国由来記 - 外間守善

定本琉球国由来記 外間守善

Add: urifonaf36 - Date: 2020-12-14 14:21:56 - Views: 8258 - Clicks: 6130

著者 外間 守善 (編著),波照間 永吉 (編著) 1713年琉球王府編纂により完成した琉球最大の地誌「琉球国由来記」。首里城内での諸行事をはじめ、王国全域にわたる資料収集によって琉球社会と文化をあますところなく. 琉球神道研究―御嶽信仰を中心に; 所属学会: 沖縄文化協会 『沖縄文化』編集委員会委員長; 奄美沖縄民間文芸学会; 主要論文・著書等 『定本琉球国由来記』外間守善と共編著(1997年 角川書店) 『定本おもろさうし』外間守善と共編著(年 角川書店). 琉球文学: 朝薫と恩納ナベ: 沖縄人の姓: 尚敬王の手紙: 首里親国 「あさ道」と「ゆな道」 南方文化: ベツテルハイム: 司馬江漢: 青磁: 千代金丸: 牧志恩河: 古酒: 袋中上人の遺品: ゴンチヤロフ: おみないべ節: 琉球人の正直: 琉球と学識: 楽童子: 琉球漆器: 尚. 3 定本 琉球国由来記 外間 守善∥編著 角川書店 1997.4 k200. 8/h82/巻十二~巻十五 4 沖縄の信仰用語 比嘉 朝進∥編著 風土記社 1991.2 K16/H55/ 12. 琉球国由来記: 主題: 歴史学: 注記: 謄写印刷 和装本: タイトルのヨミ、その他のヨミ: リュウキュウコク ユライキ: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: リュウキュウコク ユライキ: TTLL: jpn. 【tsutaya オンラインショッピング】定本 琉球国由来記<od版>/外間守善 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販.

外間守善・波照間永吉編『定本 琉球国由来記』(角川書店 1997年4月)で原文を確かめてみた。漢字片仮名まじりの漢文体である。もととなった資料の漢字平仮名まじり文の和文体を書き改めたものの由(波照間氏「解説」)。. 『南島の神歌―おもろさうし (中公文庫)』(外間守善) のみんなのレビュー・感想ページです(1レビュー)。 【tsutaya オンラインショッピング】定本琉球国由来記/外間守善 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 外間守善・波照間永吉『定本おもろさうし』(. 外間守善編著 波照間永吉編著 、角川書店 、1997/4 、691頁 、a5判 函ヤケシミ・帯 1713年琉球王府編纂による『琉球国由来記』本文に目次・索引を付す。. 外間 守善,波照間 永吉『定本 琉球国由来記』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 外間, 守善(ソトマ, モリヨシ) 外間, 守善(ホカマ, モリヨシ) 同姓同名の著者を検索. 外間守善・波照間永吉 1997 『定本 琉球国由来記』 株式会社角川書店 渡邊欣雄・岡野宣勝・佐藤壮広・塩月亮子・宮下克也 編 『沖縄民俗辞典』 吉川弘文館 でした! ではまた~.

沖縄県 那覇市に生まれる。. ①外間守善・波照間永吉編 『定本 琉球国由来記』角川書店 1997 ②狩俣恵一 『竹富島文庫Ⅰ 種子取祭』NPO法人たきどぅん ③大塚勝久 『うつぐみの心 竹富島(たきどぅん)大塚勝久写真集』 琉球新報社. 定本琉球国由来記 Format: Book Responsibility: 外間守善, 波照間永吉編著 Language: Japanese Published: 東京 : 角川書店, 1997.

Amazonで守善, 外間, 永吉, 波照間の定本 琉球国由来記。アマゾンならポイント還元本が多数。守善, 外間, 永吉, 波照間作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. Amazonで守善, 外間, 永吉, 波照間の定本 琉球国由来記。アマゾンならポイント還元本が多数。守善, 外間, 永吉, 波照間作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 外間 守善(ほかま しゅぜん、1924年(大正13年)12月6日 - 年(平成24年)11月20日)は、日本の言語学者、沖縄学の研究者。 沖縄学研究所所長、 法政大学 名誉教授 。. 沖縄タイムス掲載(年12月1日~31日).

著者 外間 守善 (編著),波照間 永吉 (編著) 1713年琉球王府編纂により完成した琉球最大の地誌「琉球国由来記」。首里城内での諸行事をはじめ、王国全域にわたる資料収集によって琉球社会と文化をあますところなく伝える貴重. 定本琉球国由来記 フォーマット: 図書 定本琉球国由来記 - 外間守善 責任表示: 外間守善, 波照間永吉編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 角川書店, 1997. 外間 守善(ほかま しゅぜん、1924年(大正13年)12月6日 - 年(平成24年)11月20日)は、日本の言語学者、沖縄学の研究者。沖縄学研究所所長、法政大学 名誉教授。伊波普猷の後継者として、琉球文学・文化研究の第一人者。 略歴. 外間, 守善(ソトマ, モリヨシ) 外間, 守善(ホカマ, モリヨシ) 호카마, 슈젠. 定本 琉球国由来記【プリントオンデマンド版】 (日本語) 単行本 – /10/4 外間 守善 (著), 波照間 永吉 (著) その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする. 3面 総合 2版 〈寄稿 琉球処分を省みつつ・大城立裕〉辺野古移設 構造化する差別 新鮮な方法論に期待 『琉球処分』 松田道之 『小説琉球処分』 大城立裕.

定本琉球国由来記 - 外間守善 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。 1. 一般書「定本琉球国由来記」外間 守善のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。. 定本 琉球国由来記 外間 守善 (編・著) 波照間 永吉 (編・著).

定本琉球国由来記 オンデマンド版. 『定本 琉球国由来記』(外間 守善、波照間 栄吉、角川書店、1997年) 全1~21巻の翻刻。校訂注、編者による解説及び索引がある。読み下し編あり。 『琉球史料叢書 第1、2巻』(伊波 普猷・東恩納 寛惇編、東京美術、1972年). 外間 守善(ほかま しゅぜん、1924年(大正13年)12月6日 - 年(平成24年)11月20日)は、日本の言語学者、沖縄学の研究者。沖縄学研究所所長、法政大学 名誉教授。伊波普猷の後継者として、琉球文学・文化研究の第一人者。. 外間守善, 波照間永吉 編著(1997)『定本琉球国由来記』(角川書店) 外間守善()『沖縄の言葉と歴史』 (中公文庫 中央公論新社) マーク・ローザ()「八重山象形文字・カイダー字の新しい発見」『月刊みんぱく』(国立民族学博物館,年7月.

一般書「【OD】定本 琉球国由来記」外間 守善のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。琉球国最大の地誌『琉球国由来記』(全21巻、1713年成立)の伝来本を校合した決定版。. 『南島の神歌―おもろさうし (中公文庫)』(外間守善) のみんなのレビュー・感想ページです(1レビュー)。. 1 沖縄タイムス 朝刊. 年・角川書店)、外間守善・波照間永吉『定本琉球国由来記』 (1997年・角川書店)、外間守善『沖縄の神歌』(1994年・中公文庫)、比嘉康雄『神々の古層』(写真集・全12. 定本琉球国由来記 初版 ¥ 38,500 外間守善編著 波照間永吉編著 、角川書店 、1997/4 、691頁 、A5判. 外間 守善 | 年10月04日頃発売 | 琉球国最大の地誌『琉球国由来記』(全21巻、1713年成立)の伝来本を校合した決定版。各地の祭祀・行事、事物の由来、寺社の縁起などを体系的に網羅し、琉球社会の諸相をあますところなく伝える。. 外間 守善(ほかま しゅぜん、1924年 12月6日 - )は、言語学者、沖縄文化研究家、法政大学名誉教授。沖縄県 那覇市生まれ。 沖縄師範学校在学中に現地入隊。國學院大学文学部国文学科卒、東京大学文学部言語学科研究生修了。. 『沖縄の歴史と文化 (中公新書)』(外間守善) のみんなのレビュー・感想ページです(6レビュー)。作品紹介・あらすじ:沖縄は地理的に遠く、日本本土の趣きの異なる歴史と文化をもっているため、歴史を区切る概念も、文化を貫く美意識も、それらを表現する言語も、すべて本土的な尺度では.

『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波. 外間守善 外間守善の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(年2月)目次1 略歴2 研究3 人物4 賞.

定本琉球国由来記 - 外間守善

email: ilypi@gmail.com - phone:(415) 668-6744 x 1324

福岡県立門司学園中学校過去問題集1「ヴィンテージ」 平成28年 - カーサ・フェミニナ教育研究所 - 沼津中央高等学校 過去入学試験問題集

-> すいか - 木皿泉
-> ゲゲゲの鬼太郎

定本琉球国由来記 - 外間守善 - 佐野絵里子 為朝二十八騎


Sitemap 1

自己対決の論理 - 柳田邦男 - FM音源スーパーサウンド